エビリファイ錠

エビリファイ錠のすべて



エビリファイ錠のすべて

 

特徴

 

エビリファイ錠はドパミンD2受容体に対してパーシャルアゴニストとして働き、他の非定型抗精神病薬とは異なる作用機序をもっており第三世代抗精神病薬とも言われています。このエビリファイは大塚製薬が開発し2006年に発売を開始し、日本で発売されている非定型抗精神病薬の中で新しい薬になります。

 

比較的副作用が少ないタイプとなっています。

 

 

 

非定型精神病薬とは?

 

第2世代抗精神病薬とも言われ、陽性症状と陰性症状のどちらにも効果がある抗精神病薬の事になります。

 

*陽性症状:妄想、幻覚等
*陰性症状:やる気無、感情鈍麻、無関心等

 


 

 

 

・中脳辺縁系経路のドパミン伝達の亢進 ⇒ 陰性症状
・中脳皮質経路のドパミン伝達の低下 ⇒ 陽性症状

 

 

 

 

パーシャルアゴニストとは?

 

アゴニストとは受容体に結合して作用を発現させる化学物質の事になり、パーシャルアゴニストとは部分刺激薬と呼ばれ、100%作用を引き出すのではなく少しだけ作用を発現させる事をいいます。

 


 

エビリファイは、脳内でドパミンが多く存在している(放出されている)状態の時には抑制的に働き、ドパミンが少しだけ存在している(放出されている)状態の時は刺激する方向で作用する特長を持っています。この作用機序からDSS(ドパミン システム スタビライザー / DSS)と呼ばれています。

 

つまりドパミンが多く存在している時は抑制的に働く事により陽性症状を改善し、不足している状況下では刺激的に働く事により陰性症状を改善します。

 

 

効果効能

 

統合失調症
双極性障害における躁症状の改善
うつ病・うつ状態 *既存治療で十分な効果が認められない場合に限る
小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性

 

*2013年よりうつ病の追加承認となりました。
*小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性については2016年9月に追加承認となりました。ただしエビリファイ錠1mg、3mg、6mg、12mg、同OD錠3mg、6mg、12mg、同散1%、内用液0.1%のみの適応追加となります。

 

 

副作用

 

主な副作用としては、不眠(27.1%)となっています。ついで神経過敏(14.8%)、アカシジア(11.7%)、振戦(10.5%)などになっています。

 

非定型抗精神病薬の中でこのエビリファイだけは、糖尿病や肥満などの副作用が少なくなっています。セロクエル、ジプレキサでは禁忌となっている糖尿病患者の服用も注意しながらではありますが可能となっています。

 

抗うつ薬や、抗精神病薬を飲んで体重が増え太る事を気にされる方は多いかと思いますが、このエビリファイ錠においては体重増加の副作用はなく、どちらかというと痩せる副作用が発現する可能性があります。

 

 

注意点

 

糖尿病患者及び既往歴がある方は禁忌となっていますので注意が必要です。

 

離脱症状・断薬

 

 

 

妊婦・授乳婦

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する事となっています。

 

妊娠後期の服用により新生児に哺乳障害、振戦などの離脱症状や錐体外路症状が現れたとの報告もあるようです。

 

また乳汁中への移行が認められている為、授乳は中止させる事となっています。

 

薬価

 

 

規格 薬価
エビリファイ錠3mg/OD3mg 82.5
エビリファイ錠6mg/OD錠6mg 156.7
エビリファイ錠12mg/OD錠12mg 297.8
エビリファイOD錠24mg 566.0
エビリファイ散1% 168.2円/g
エビリファイ内用液0.1% 83.4円/ml

*H28年4月変更薬価(次回はH30年4月予定)

 

ジェネリック医薬品

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は現在、発売されていません。

 

 

エビリファイ錠詳細

成分名 アリピプラゾール
剤形・規格 錠剤/3mg・OD3mg/6mg・OD6mg/12mg・OD12mg/OD24mg 散剤/1% 液剤/内用液0.1%
効果効能・用法・用量

統合失調症 / 双極性障害における躁症状の改善 / うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)

 

警告 糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の死亡に至ることもある重大な副作用が発現するおそれがあるので高血糖症状に注意。
禁忌 昏睡状態患者、中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者、アドレナリンを投与中の患者

 

原則禁忌 特になし

スポンサードリンク

エビリファイ錠のすべて関連ページ

リスパダール錠のすべて
リスパダール錠は非定型抗精神病薬SDAに分類されている代表的な薬となります。このリスパダール錠の効果効能、副作用、作用時間等ついて詳細に現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
ルーラン錠のすべて
ルーラン錠は非定型抗精神病薬SDAに分類されています。このルーラン錠の効果効能、副作用、作用時間、離脱症状、糖尿病等患者の服用等について現役薬剤師が詳細かつ誰にでもわかるように解説しています。
セロクエル錠のすべて
セロクエル錠は非定型抗精神病薬MARTAに分類されている代表的な薬となります。このセロクエル錠服用するにあたっての注意点、効果効能、副作用、作用時間等ついて詳細に現役薬剤師がわかりやすく解説しています。
ジプレキサ錠のすべて
ジプレキサ錠について現役薬剤師がわかりやすく、かつ詳細に解説しています。効果、副作用、飲み合わせ、半減期、ジェネリック医薬品、薬価、飲酒、添付文書、作用時間などジプレキサ錠についての事ならおまかせ下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 一覧 掲示板